日本刑事政策研究会
トップページ > 罪と罰
第59巻
第59巻1号 令和3年12月
令和3年版犯罪白書

第59巻 1号令和3年12月
<巻頭言>
特集─詐欺事犯者の実態と処遇
法務省法務総合研究所長 上冨 敏伸

<論 説>
令和3年版犯罪白書
『令和3年版犯罪白書』第1編〜第7編を読んで
 

 ─コロナ禍における犯罪と犯罪対策─
同志社大学法学部教授 川崎 友巳

「特殊詐欺=詐欺」ではない?
 

 ─令和3年版犯罪白書特集「詐欺事犯者の実態と処遇」を読んで─
国士舘大学法学部教授 吉開 多一

最近の犯罪動向と犯罪者の処遇─令和3年版犯罪白書から─
法務省法務総合研究所研究部室長研究官 伊瀬知陽平

詐欺事犯者の実態と処遇─令和3年版犯罪白書特集から─
法務省法務総合研究所研究部室長研究官 田村 太郎

<刑事政策時評>
Society 5.0と刑事司法
京都大学大学院法学研究科教授 稻谷 龍彦

<司法と福祉の架け橋>
ダルクと出会うまでの私
日本ダルク神奈川代表 五十畑 修

<刑事政策研究室>
受刑経験を有する当事者へのインタビューからみえた再犯防止対策が目指すべき方向性について

 
中央大学大学院法学研究科博士後期課程在籍・日本歯科大学非常勤講師 山梨 光貴

<刑事実務の現場から>
青森地方検察庁における入口支援について
前青森地方検察庁検事正・現仙台高等検察庁次席検事 山ア 耕史

<入門講座>
刑事罰に頼らない薬物政策は可能か
立正大学法学部教授 丸山 泰弘